2009年05月19日

GtkBuilder

 知らぬ間にlibgladeなしでGladeファイルからGUIを構築出来る様になってたんだ。
 これでほぼGUIの構築のためのコードを書く必要がなくなってきたんじゃないかな。独自のWidget書くなら別だけど。
posted by Yasumichi at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

glade_xml_signal_autoconnect() を使う時の注意点

gmodule-2.0をリンクする必要があるらしい。具体的には、configure.inのPKG_CHECK_MODULESにgmodule-2.0を加えるなどの対策が必要。そうでないとlibgladeがコールバック関数を見付けられないようだ。その場合、以下の警告が表示されるはずである。

libglade-WARNING **: could not find signal handler 'on_filechooserbutton1_selection_changed'.
posted by Yasumichi at 00:46| Comment(10) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

続:Gtk+と格闘している間に年が明けてしまった

いろいろ調べてみたが、どうやらgtk/gtkfilefilter.cに問題があるらしい。
gtk/gtkfilefilter.c の 428 行付近の for の直前に

if (filter_info->mime_type == NULL)
break;

を置いたら、gtk_file_filter_add_pixbuf_formats を利用したプログラムも落ちなくなった。
というのは、FILTER_RULE_MIME_TYPEの時はfilter_info->mime_typeがNULLかどうかチェックしてから strcmp ()しているが、FILTER_RULE_PIXBUF_FORMATSの時はそのままstrcmpしているからだ。

# それ以前に mime_type が取得できない場合があるというのも問題かもしれんが。

GNOMEのバグジラにも登録しておいた。

http://bugzilla.gnome.org/show_bug.cgi?id=325435
posted by Yasumichi at 22:27| Comment(14) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Gtk+と格闘している間に年が明けてしまったorz

VineSeed & gtk+-2.8.9 環境で gtk_file_filter_add_pixbuf_formats() で生成した GtkFileFilterを使ったファイル選択ダイアログが、特定のディレクトリを開いた際に必ずセグフォる現象に遭遇。原因を調べてる内に年が明けてしまったがいまだ掴めずorz

Gentoo & gtk+-2.6.8では問題なく動いてくれるんだけどなあ〜。

gtk+-2.6.8とgtk+-2.8.9でdiffを取ってみるか、今度。
posted by Yasumichi at 02:31| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月23日

Windows+Mingw+MSYS+Gtk+

以前からWindowsでMinGWMSYSを使ってGtk+アプリケーションを書きたいと思って試行錯誤していたのですがなかなか思い通りに行きませんでした。

ところがSylpheed/Win32 - Sylpheedにまさしくな内容があったので試した所、あっさりビルドできる様になりました。まさか、C:\GTKを/targetにマウントするだけで良いとは…

Cygwinという手段もあるけどもっさりしている感じがしたし、導入に時間がかかるのでなんとかMSYSでやる方法を追求していました。
posted by Yasumichi at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月18日

VCLのTreeViewより便利なGtkTreeView

 最初は、やたら複雑そうだったけどCxplorerなどをいじっている内に非常に便利な事に気づいた。

 Gtk+2ベースでツリービューを扱いたい人は、まずはGTK+ 2.0 Tree View Tutorialを読んで見てください。英語だけど。

# その内、日本語のチュートリアルを作りたいと思っています。

とりあえず、cxplorer用のWikiでメモ書きしてあるものを↓

cxplorer - Porting/GtkTreeView

データと見た目を分離したビュー&モデル構造のおかげで非常に柔軟なプログラムが可能だと思う。
posted by Yasumichi at 23:17| Comment(11) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年04月12日

Gtk+一本化への道

 家では完全にLinux三昧ですが、仕事では相変わらずWindowsのお相手…。Linuxに移行する前は、Borland C++ Builderで時折、簡単なユーティリティを作っていたのですが。

 最近は、なんとかWindows向けアプリケーションをGtk+で作れないか模索していてwin2linuxwiki - Info/クロスビルド環境の構築の様にLinux上でWindowsの実行形式を作る所までは成功していました。

 ですが、やはりネイティブ環境での開発に比べ不便な点が多いのでMingw+MsysでGtk+アプリケーションをビルドできないかと苦戦。(cygwinはあまり使いたくなかったのです。)

 結局、たどり着いたのはBloodshed Software - Dev-C++というIDEでした。The Dev-C++ Resource Siteから『Dev-C++ 5.0 beta 9.2 (4.9.9.2) (9.0 MB) with Mingw/GCC 3.4.2』をダウンロード、インストールしてWeb Updateを使う事により、Gtk+-2.6.4のDevPackなどをインストール、ネイティブでGtk+アプリケーションをビルドする事に成功しました。詳細については、いずれまとめたいと思います。
posted by Yasumichi at 23:38| Comment(11) | TrackBack(0) | プログラミング | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。