2010年08月15日

単数形と複数形でメッセージを使い分ける

書庫マネージャ(file-roller)で書庫内のファイルを別のアプリケーションで開き、変更を加えて保存すると書庫内のファイルを更新するか確認するメッセージが出てくるのだけど、単一ファイルに対して変更を加えた場合、Cプログラマなら見慣れた"%d"の文字がそのまま表示される。何じゃ、こりゃと思い調べてみるとファイルが単一か複数であるかによって異なるメッセージを言語では表示しようとしているのだが、日本語訳は複数形の訳しかないようだ。
 今回、msgid_pluralなんてのに初めて出くわしたのだが(まだまだ経験不足なんです)、それについて詳しく書かれたページを見つけたのでメモしておきます。

Ruby-GetText-Package開発手順 - よたらぼ 保管庫
posted by Yasumichi at 02:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/159457535
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。