2009年12月07日

GNOME 2 ユーザー向けドキュメントの翻訳更新中

モジュールの翻訳: GNOME 2 ユーザー向けドキュメントの翻訳更新に着手しました。

 Vine Linuxのマニュアルを書いている内にVine Linuxに限定されない部分は、本家のマニュアルの翻訳に協力した方が良いのではないかと考えての事です。少しずつではありますが、いろいろ更新できたらと思います。

 それにしても今回まで気づかなかったのですが、GNOMEのドキュメントは、DocBookの翻訳にもgettextizeな仕組みを導入しているのですね。直接、XMLを翻訳するのではなく、gnome-doc-utilsパッケージが提供するxml2poによって作成されたja.poを翻訳する仕組みです。おかげでgtranslatorを使って作業をすることができます。曖昧(fuzzy)になっている翻訳や未翻訳を素早く見つけることが出来て便利ですね。


posted by Yasumichi at 22:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 翻訳 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。