2009年09月12日

WindowsでStrace

日頃、Vine Linux で strace にお世話になっているが、Microsoft Windowsでも同様なアプリケーションがないか探してみた。
 最初に見つけたのが、IntellectualHeaven - Products - StraceNT - Strace for Windows だ。使えないことはないが、本家の strace に比べると出力が見劣りする。フィルタも設定ファイルをテキストエディタで編集するしかなく、せっかくの GUI なのにという感じ。
 そんなおり、APIフックについて調べている内に rohitab.com - API Monitor: Spy on API Calls というのを見つけた。こちらは、フィルタの設定をアプリケーション上で行える上、APIフィルタは API の種類で選択する事ができ、エラーが返ってる場合は赤字で表示される上、エラーコードなどもマクロ名で表示されるので分かりやすい。Buffer Display が Shift-JIS に対応していないのが残念だが、バグの直接的原因を究明するのに威力を発揮するだろう。


posted by Yasumichi at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | アプリケーション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。