2009年07月12日

anjuta-2.26.1.0-3vl5

以下のファイルをVineSeedにputしました。

anjuta-2.26.1.0-3vl5.src.rpm,
anjuta-2.26.1.0-3vl5.x86_64.rpm,
anjuta-devel-2.26.1.0-3vl5.x86_64.rpm,
anjuta-docs-2.26.1.0-3vl5.x86_64.rpm

変更点:
- RequiresにlibSMを追加
- BRにlibSM-devel、perl-gettext、intltoolを追加
- Providesにperl(GBF::Make)を追加
- Obsoletesにgnome-buildを追加
(現在は、GBF(Gnome Build Framework)としてanjutaに取り込まれた模様)
- anjuta-build-tutorialをdocsに追加
(ただし、参照方法が不明)
- いくつかのsoファイルをdevelからmain移動
- PackagerをSPECに追加
- gconf2へのスキーマ登録をpostで実行する様にした

今回の修正でプロジェクトが認識できない問題は解消しました。

# putしてから、upstreamのバージョンアップがあったのに気づきました orz

手元では、anjuta-2.26.2.2-1vl5を用意してあります。

posted by Yasumichi at 02:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Vine Linux | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/123308991
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。